top of page

はじめてのハワイ旅行 準備編(ホテルは手配済み)



①必要な手配や手続きを先にしよう!!

 ・パスポート

 ・ESTA(エスタ)


航空券を手配しよう!!

 ・時差が19時間 要注意


③ハワイで注意すること

 ・天気・気候

 ・服装

 ・両替

 ・チップ


①必要な手配や手続きを先にしよう

■パスポートの有効期限は大丈夫?

 パスポートの残存有効期間が帰国日まであればOKですが、入国時に90日以上あることが望ましい。

※有効期限が切れる、まだパスポートを持っていない場合は、今すぐ取りに行きましょう。



■ESTA(エスタ)申請

 ビザは必要ありませんが、「電子渡航認証システム(ESTA)」が必要です。

日本出国の72時間前(3日前)までに申請しなくてはいけません。

ハワイ旅行が決まったら、すぐ手続きしておきましょう。


申請はインターネットから10分ほどで申請できます。

詳しい取得方法は、「ハワイ入国時に必要なエスタ(ESTA)」にまとめております。



②航空券を予約しよう!!

ホテルはすでに手配済みなので、あとは航空券の予約が必要です。

航空券を安く予約するには、オンライン予約が最適です。

しかし、その前に注意するべきことがあります。


例:10月1日~4泊のホテルを手配済み(ハワイ時間)

 チェックイン:10月1日

 チェックアウト:10月5日

 いつの航空券を予約すればいいでしょうか?


日本出発:10月1日に成田から夕方~夜出発(飛行時間:約7時間 )

     →ハワイ現地時間の10月1日午前中~お昼頃到着

 19時間遅れているので、日本を10月1日の夜出発しても、 現地到着は10月1日になります。


ハワイ出発:10月5日 ホノルル発 午前~昼頃出発(飛行時間:約9時間)

      → 成田 10月6日 夕方~夜に到着

  19時間進んでいるので 日本到着は10月6日になります。

【まとめ】航空券を手配する時の注意点

日本を出発する時:チェックイン日(10月1日)の日本発の飛行機を予約しましょう!!

ハワイを出発する時:チェックアウト日(10月5日)のハワイ発の飛行機を予約しましょう!!




■海外保険の加入

クレジットカードの付帯保険でカバーできる部分もありますが、海外旅行保険の申込を検討しましょう。

海外では、思わぬ事故や、盗難、購入した商品の破損、突発的な病気やケガをすることもあります。

海外保険について簡単にまとめていますので、参考にしてください。



■天気・気候

常夏の島といわれているハワイ

特徴は、日本よりも湿度が低く、1年を通じて気温は24~30℃で安定しており快適で過ごしやすい気候です。

意外と思うかもしれませんが、雨季と乾季があります。そして、「冬」もあります。


ハワイの夏(乾季)と冬(雨季) 夏(乾季) 5月~10月 最低気温23℃ 最高気温31℃ 乾季は気温が高く天候が安定しています。ワイキキビーチで快適に過ごせます。暑さは、最高気温は30℃を超える程度。湿度が低く風もあり、爽やかな過ごしやすい気候です。

・冬/雨季 11月~4月 最低気温20℃ 最高気温27℃ 雨季は一日中降ることはあまりなく、「にわか雨」が降る程度で、少し雨宿りをしていればすぐにやむことが多いです。平均気温は25℃程度で、雨上がりには虹が見られることもしばしばあります。

■服装


夏の乾季はTシャツ1枚で十分すごせます。しかし、紫外線が強かったり、室内は冷房が効いていますので、羽織るもの1枚あれば良いでしょう。

冬の寒気は、冬といっても20℃程度あります。長袖1~2枚あれば問題ありません。



■両替

ホテルのフロントで両替できますが、手数料がかかります。街中にある両替ショップを利用したほうがお得です。



■チップの目安


街中

レストラン、タクシーなど: 15-20%


ホテル

ポーター、ベルデスク: 荷物一個につき $1-2

ハウスキーピング:$10~$15


ツアーサービス

オプショナルツアー: $5-20


チップについて別のページにまとめています。



オプショナルツアーはこちらのページを参考にしてください。



航空券をまだ予約していない場合はこちらからどうぞ

ハワイ オプショナルツアー特集

ハワイ 旅行の準備編


bottom of page